エフェソス物語(読み)エフェソスものがたり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エフェソス物語
エフェソスものがたり

ギリシアの小説。別名『アンテイアとハブロコメス物語』 Ta kata Antheian kai Habrokomēn Ephesiaka。2世紀頃のクセノフォン・エフェシオスの作とされる。 10巻と伝えられる原作からの抜粋によって現在の5巻が成立したと考えられる。アンテイアとハブロコメスは結婚の約束をかわした仲であったが,アポロンの神託に従って旅に出る。その途次海賊に襲われ捕われの身となって別れ別れになってしまう。船は難破し,2人は生死の境をさまよう。やがて苦しい奴隷の日々,互いの貞節を守り抜いた2人はさまざまな冒険ののち,イシスの神殿で再会する。筋立てはギリシア小説一般に認められるように,なんらの内的必然性を伴わず,性格描写も希薄であるが,原作者の意図はイシス教の教儀を物語として展開し,神威のあらたかさを賛美することにあったと解釈する向きもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android