コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抜粋/抜萃 バッスイ

デジタル大辞泉の解説

ばっ‐すい【抜粋/抜×萃】

[名](スル)書物や作品からすぐれた部分や必要な部分をき出すこと。また、そのもの。「要点を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

抜粋

著作の内容を表現している部分(文または段落)を原文から抜き出し,要約を構成したもの.抄録は原文にとらわれずに抄録作成者の表現で要約するが,抜は原文を用いて要約を作成する.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

抜粋/抜萃の関連キーワードパガニーニによる超絶技巧練習曲フローレンス[ウースター]塵添壒嚢鈔・塵添壒囊鈔ペレアスとメリザンドサントスの御作業塵添【あい】嚢抄ダイジェスト再生アブストラクトサウンドバイト抜き本・抜本フィロカリア探偵ユーベルアンソロジーアラジン組曲契約のしおり異称日本伝管弦楽組曲大語義字典スニペットプラヌデス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android