コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エボラのサンフランシスコ教会 エボラのサンフランシスコきょうかい

1件 の用語解説(エボラのサンフランシスコ教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

エボラのサンフランシスコきょうかい【エボラのサンフランシスコ教会】

ポルトガル中南部の東寄り、緩やかな起伏の続く丘陵地帯が広がるアズレージョ地方の小都市エボラ(Évora)の城壁に囲まれた旧市街にある教会。エボラのバスターミナルから徒歩約20分の場所にある。15~16世紀にかけて建造されたゴシック様式ポルトガル独特のマヌエル様式が混在する建物である。内部には、18世紀に大理石でつくられた主祭壇がある。その主祭壇の右手に人骨堂(Capela Dos Ossos)がある。この人骨堂がこの教会の最大の見どころとなっている。人骨堂は人骨で壁や柱が埋め尽くされている異様な礼拝堂で、修道士たちが瞑想を行う場所として、16世紀に3人の修道士が墓地から持ってきた5000体の人骨を使ってつくったものである。サンフランシスコ教会のほかエボラカテドラルディアナ神殿ロイオス教会などがある城壁に囲まれた旧市街の(歴史地区)全体が世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エボラのサンフランシスコ教会の関連キーワード全羅北道レイリアアライオロスコスタデプラタルドンドポルトガル・シープドッグポルトガル・ポインターブラジルとポルトガルポルト(ポート)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone