コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エポナ エポナEpona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エポナ
Epona

古代ケルトの大女神男神と雌馬の交合から生れたとされ,通常馬に乗ったり,あるいは馬を連れた姿に表わされた。名前自体も「馬女神」を意味するが,手にしばしば豊穣の角を持つところから豊穣女神ないし地母神的性格の持主でもあったと考えられ,また王権とも深いかかわりをもったと思われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エポナの関連キーワードケルト神話任天堂

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android