コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大女神 だいじょしんMagna mater; great goddess

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大女神
だいじょしん
Magna mater; great goddess

母としての女神をあがめる信仰は,有名なウィレンドルフのビーナスに代表される母性を強調した女神像(先史時代ビーナスと通称される)の存在によって,旧石器時代にまでさかのぼることが確認されており,おそらくホモ・サピエンスとしての人類の歴史とともに古いと想像される。農耕が行なわれるようになると,この母神は作物を生む大地と同一視されるようになり,地母神の観念が形成された(→地母神信仰)。多くの文化において,地母神的大女神は神界のいわば中心に位置を占める有力な存在であり,男神たちはこれに付随する存在でしかない。また名目上は男神が最高の位置を認められている宗教の内部でも,カトリックの聖母(→マリア崇拝にみられるように,大女神の崇拝は根強く存続する傾向がみられ,人類に普遍的な宗教現象であると思われる。日本のアマテラスオオミカミは典型的な大女神の例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大女神の関連キーワードインド=ヨーロッパ語族の神話インド・ヨーロッパ諸族神話アテネ(ポリス)コリュバンテスアタルガティスウィレンドルフアナーヒターペルシア神話アフロディテイアッコスドゥルガーアッティスケルト神話タンムズイナンナヘカテエポナタニトテュケアナト

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大女神の関連情報