コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エヤシ遺跡 エヤシいせきEyasi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エヤシ遺跡
エヤシいせき
Eyasi

東アフリカ,タンザニアのエヤシ湖南岸にある遺跡で,1934,39年に,L.コール・ラルセンによって人類の頭骨片 200片以上 (3個体ほど) が発見された。初めこれはアフリカントロプス・ニャラセンシス (アフリカントロプス) と命名されたが,今日では単にエヤシ人と呼ばれている。これらの人骨に伴って動物の骨や石器が発見されている。石器は発達したルバロア型と呼ばれるもので,東アフリカの編成でいう中石器時代の早期にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android