コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルケフ El Kef

デジタル大辞泉の解説

エル‐ケフ(El Kef)

チュニジア北西部の都市。ジャンドゥーバの南約60キロメートルに位置する。ヌミディア王国時代に建設され、紀元1世紀に古代ローマの植民都市となった。アラブ、オスマン帝国の支配を経て、同国で最も早い時期にフランスに占領された。旧市街には古代ローマの浴場、貯水池、噴水などの遺構のほか、4世紀創設の教会やモロッコ出身の聖人マクロフを祭るモスクなどがある。ルケフ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例