コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エルランゲン学派 エルランゲンがくはErlanger Schule

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エルランゲン学派
エルランゲンがくは
Erlanger Schule

19世紀前半にルター派の信条主義神学を主張した一派。ナポレオンの戦禍後のドイツを中心とする信仰覚醒運動,ドイツ観念論,ロマン主義を背景として,特にエルランゲン大学を中心に生れたのでこの名で呼ばれる。ルター宗教改革に続く正統主義神学と結びついた敬虔主義で,ルター派の信条に忠実であろうとする一方,信仰経験を重視した F.E.D.シュライエルマッハーの神学に影響を受け神との人格的交わりという個人的信仰経験を主張し,啓蒙主義的合理主義に反対し,カトリック主義にも対抗的であった。 A.G.C.マオン・ハーレス,J.ホフマン,G.トマジウス,T.ハルナックらに代表される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

エルランゲンがくは【エルランゲン学派】

構成主義的認識論を特徴とするドイツの現代哲学の一派。代表者は P =ロレンツェンと W =カムラー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

エルランゲン学派の関連キーワードイーメルス構成主義

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android