コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトロスラグ溶接 エレクトロスラグようせつ

百科事典マイペディアの解説

エレクトロスラグ溶接【エレクトロスラグようせつ】

電導性の溶融スラグに電流を通じて高温を発生,スラグ中に連続的に溶接棒を供給し,母材とともに溶融する溶接法。溶融したスラグ・金属がこぼれないよう水冷銅壁で囲む。おもに25mm以上の厚鋼板の突合せ縦向き溶接に適用され,下から上へ自動的に溶接される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のエレクトロスラグ溶接の言及

【溶接】より

…ドライ法は大気中の一般のアーク溶接とあまり変わらないが,ウェット法は溶接金属中に水の分解による水素,酸素が混入しないように種々のくふうがなされる。
[エレクトロスラグ溶接]
 この溶接法は,溶融したスラグ中に電極ワイヤを送給し,スラグ内を流れる電流の発生するジュール熱により電極ワイヤおよび母材を溶融させるものであり,垂直溶接法である。図2にエレクトロスラグ溶接法の原理を示す。…

※「エレクトロスラグ溶接」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android