コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溶接棒 ヨウセツボウ

デジタル大辞泉の解説

ようせつ‐ぼう【溶接棒】

金属の溶接の際、溶接部にとかしこんで充塡(じゅうてん)するのに用いる融点の低い棒状の金属

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

溶接棒【ようせつぼう】

アーク溶接ガス溶接において,溶けて溶接部分の母材と一体となり接合の目的を果たす金属棒。軟鋼の場合ふつう径2〜6mm。裸溶接棒と被覆溶接棒がある。被覆剤はイルメナイトなど多種あり,大気からの溶接部分の保護,アークの安定その他の役割をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ようせつぼう【溶接棒】

金属の溶接のとき、母材とともに溶融して接合を助ける金属棒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

溶接棒の関連キーワードエレクトロスラグ溶接鉄鋼表面硬化法造船関連産業コバルト合金日産化学工業鉄骨構造特殊電極ベノーニ絹雲母造船鉄粉線材

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溶接棒の関連情報