コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレクトロニック・データ・インターチェンジ EDI

翻訳|EDI

1件 の用語解説(エレクトロニック・データ・インターチェンジの意味・用語解説を検索)

流通用語辞典の解説

エレクトロニック・データ・インターチェンジ【EDI】

トレーディング・パートナー(取引相手)間のビジネス情報を標準化された規定によってコンピュータ間で電子的にやりとりする手法。1970年代に運輸業界で標準化が設定され、その後全産業に普及していった。米国では、ANSI(米国標準化機構)のACSX12EDIの標準として通信規定が設定されているが、ファイルフォーマット規定、取引セットは業界で詳細設定されている。食料品業界ではUCC(UniformCode Council)、衣料品業界ではVICS(Voluntary Inter-Industry Communication Standard Group)が指導している。EDIによる標準規定は企業間のすべての通常取引にわたっており、発注、納品、出荷通知、代金決裁などが代表的に利用されている。伝票処理に比べ、ペーパーレスであるので、処理コストや郵送コストなど大幅なコスト削減となり、さらに配送スピードの向上と計算ミスの削減が達成される。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エレクトロニック・データ・インターチェンジの関連キーワードデイトレーディングスパーリングパートナートレーディングカードインサイダートレーディングスイングトレードトレーディングルームネットトレーディングペーパーレストレーディングディ・トレーディング(Day Trading)トレーディング・パートナーズ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone