コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレシュキガル エレシュキガル Ereshkigal

1件 の用語解説(エレシュキガルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレシュキガル
エレシュキガル
Ereshkigal

別名をアラツともいう古代メソポタミア神話の冥府の女王。夫のネルガルとともに死者の国を支配する。ネルガルはもと天上に住んでいたが,あるとき彼の無礼を怒ったエレシュキガルがその引渡しを要求した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のエレシュキガルの言及

【ネルガル】より

…ネルガルはまた戦いの神,生命の授与者,疫病の神,運命と裁きの神などいろいろに呼ばれる。一般的にはエレシュキガルEreshkigalがその配偶神で,祭儀の中心地はクタとアピアク。【中田 一郎】。…

※「エレシュキガル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エレシュキガルの関連キーワードメソポタミアメソポタミア美術彩釉メソポタミア文明ギルガメシュウヌグ青のメソポタミアメソポタミヤの殺人メソポタミア派メソポタミア平原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone