コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレシュキガル エレシュキガルEreshkigal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレシュキガル
Ereshkigal

別名をアラツともいう古代メソポタミア神話冥府の女王。夫のネルガルとともに死者の国を支配する。ネルガルはもと天上に住んでいたが,あるとき彼の無礼を怒ったエレシュキガルがその引渡しを要求した。ところが冥府に来たネルガルは,逆にエレシュキガルの髪をつかみ,その首をはねようとしたので,エレシュキガルは降参し,彼に冥府の支配権をゆだね,自分はネルガルの妻になったという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のエレシュキガルの言及

【ネルガル】より

…ネルガルはまた戦いの神,生命の授与者,疫病の神,運命と裁きの神などいろいろに呼ばれる。一般的にはエレシュキガルEreshkigalがその配偶神で,祭儀の中心地はクタとアピアク。【中田 一郎】。…

※「エレシュキガル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エレシュキガルの関連キーワードイシュタルの冥界下降イシュタルイナンナ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android