コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレバス[山] エレバス

2件 の用語解説(エレバス[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エレバス[山]【エレバス】

南極大陸ロス海の南西端,ロス棚氷(ほうひょう)の北西にあるロス島の活火山。1841年J.C.ロスにより発見された。標高3794m。
→関連項目南極大陸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エレバス[山]【Mount Erebus】

南極のロスRoss島にある活火山で標高3794m。1972年にはじめて山頂に溶岩湖が発見された。130mの長さの半円形の溶岩湖は世界でも珍しく,ときどき噴火する。79年から,日本,アメリカニュージーランドの協同調査が3ヵ年計画で行われ,火山性地震の観測がおもに行われた。赤熱の溶岩が常に火口底に見られ,ストロンボリ式噴火により火山弾や火山灰を放出する。【下鶴 大輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone