コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレバス[山] エレバス

2件 の用語解説(エレバス[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

エレバス[山]【エレバス】

南極大陸ロス海の南西端,ロス棚氷(ほうひょう)の北西にあるロス島の活火山。1841年J.C.ロスにより発見された。標高3794m。
→関連項目南極大陸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エレバス[山]【Mount Erebus】

南極のロスRoss島にある活火山で標高3794m。1972年にはじめて山頂に溶岩湖が発見された。130mの長さの半円形の溶岩湖は世界でも珍しく,ときどき噴火する。79年から,日本,アメリカニュージーランドの協同調査が3ヵ年計画で行われ,火山性地震の観測がおもに行われた。赤熱の溶岩が常に火口底に見られ,ストロンボリ式噴火により火山弾や火山灰を放出する。【下鶴 大輔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エレバス[山]の関連キーワードエトナ山恵庭岳御嶽山セントヘレンズ三原山焼山ロス海ストロンボリブルカノカロノロス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone