コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エンジンゲン

百科事典マイペディアの解説

エンジンゲン

ドイツ,シュワーベン建築家。15世紀の有名な建築家エンジンゲン家の祖。1392年招かれてウルム大聖堂の拡張工事を指導,西塔を含む西ファサードを設計し,1399年シュトラスブルクに移って聖堂の造営を指揮した。その子カスパル〔?-1430?〕,マテウス〔1390-1463〕,マティアス〔?-1438〕らも建築家。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android