コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西塔 サイトウ

デジタル大辞泉の解説

さい‐とう〔‐タフ〕【西塔】

東西両塔のうち西にある塔。
比叡山延暦寺の三塔の一。根本中堂の西北方の地域で、釈迦堂(しゃかどう)を中心にした堂塔総称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

西塔【さいとう】

延暦寺を形成する三塔の一つ。根本中堂をもつ東塔の北側にあり,中心に釈迦堂(転法輪堂),法華堂常行堂(回廊で連なり,にない堂とも),相輪【とう】がある。黒谷青竜寺良源の創立にかかり,法然真盛らの修学地である。
→関連項目東塔

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さいとう【西塔】

東西二つの塔のうち西にある塔。
比叡山を東塔・西塔・横川よかわの三つの霊域に分けたうちの一。釈迦堂を中心に相輪橖そうりんとう・法華堂・常行堂などがある。また、それらの堂舎の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の西塔の言及

【延暦寺】より

…その後豊臣,徳川2氏が寺領を寄進して諸堂の復興を助け,1636年(寛永13)には根本中堂の復興が成り,しだいに旧観に復した。園城寺日吉大社
[堂塔]
 近江,山城2国にわたる広大な山上の寺域は三塔(東塔,西塔,横川(よかわ)),十六谷に分かれる。東塔は,東・西・南・北・無動寺の五谷より成り,もっとも早く開かれた寺域で,一山の本堂である根本中堂をはじめ,大講堂,戒壇院,文殊楼,総持院,浄土院(最澄の廟所),無動寺等がある。…

※「西塔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

西塔の関連キーワード感恩寺址東西三層石塔岩手県宮古市江繋西塔幸子記念館エンジンゲンホークスムア東大寺の東塔西塔 幸子上野廃寺跡貞頼親王開基勝宝高田好胤白鷹幸伯百済寺跡感恩寺址西岡常一実戒亮阿薬師寺曼殊院にして当麻寺

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西塔の関連情報