エンドスモティック変成作用(読み)エンドスモティックへんせいさよう(英語表記)endosmotic metamorphism

岩石学辞典の解説

エンドスモティック変成作用

マグマによる周囲の岩石の同化作用に起因する変成作用[Johnston-Lavis : 1914].endosmoticは半透膜を通して物質が濃度の低い方から高い方に流れることをいう.エキソスモティック変成作用(exosmotic metamorphism)に対するものである.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android