エンブレカイト(英語表記)embrechite

岩石学辞典の解説

エンブレカイト

花崗岩質で,規則的で平行な層状あるいは片理を示す片麻岩.しばしば長石の自形変晶が含まれるか,または花崗岩質のレンズや薄い層を伴う.ミグマタイトの中心の地域はダイアダイサイト(diadysite)とアナテクサイト(anatexite)の間に位置している.この岩石は浸透片麻岩(permiation gneiss)と注入片麻岩(injection gneiss)からなり,眼球構造とリボン(ribbon)構造を伴う.岩石はエクティナイト(ectinite)の層状の外観を示す[Roques : 1941, Read : 1948]

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android