コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注入片麻岩 ちゅうにゅうへんまがんinjection gneiss

岩石学辞典の解説

注入片麻岩

貫入岩体の周辺で,花崗岩質マグマが板状または縞状の岩脈として堆積岩の層理面や変成岩の片理面に平行に層々迸入貫入して,全部または一部の縞ができた片麻岩[Virlet d'Auut : 1884].この際,原岩と貫入岩との間に反応が行われ,両方とも変化する場合が多い.変成分化作用などによる石英長石質の物質の縞が形成されたとされることがある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

注入片麻岩の関連キーワードパーミエイションナイスエンブレカイトミグマタイト貫入片麻岩縞状片麻岩迸入片麻岩注入作用

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android