コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エーテル結合 エーテルケツゴウ

デジタル大辞泉の解説

エーテル‐けつごう〔‐ケツガフ〕【エーテル結合】

1個の酸素原子に2個の炭化水素基が結びついている時に、酸素と炭素の間に見られる結合(-C-O-C-)。一般に化学的に安定な結合として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーテル結合
えーてるけつごう
ether linkage

酸素原子が二つの炭化水素基と結合している場合に、その炭素‐酸素結合C-O-Cをエーテル結合とよぶ。化学的に安定な結合である。エーテル結合をもつ化合物をエーテルと総称する。[廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エーテル結合の関連キーワードカルボキシメチルデンプンナトリウムガラクトシルトランスフェラーゼポリエーテルエーテルケトンエーテル(酸素化合物)グリセリルエーテルピレスロイド殺虫剤クラウン化合物加水分解酵素ポリエーテルガラクトシドアセタールチトクロム炭水化物合成ゴムリン脂質反応染料中性脂肪リグニン糖脂質配糖体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android