コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エートヴェーシュの式 Eötvös' equation

法則の辞典の解説

エートヴェーシュの式【Eötvös' equation】

液体の表面張力の温度依存性を与える式.問題とする物質の表面張力を σ,分子量を M,密度を ρ,臨界温度を Tc 絶対温度 T とすると

となる.ここで k は液体の種類によらない定数である.これを,エートヴェーシュの法則*ということもある.k (エートヴェーシュ‐ラムゼイ‐シールドの定数)の値は正常液体(非会合性)のものではほぼ2.1となるが,水やアルコールなどの異常液体ではこれより小さくなる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

エートヴェーシュの式の関連キーワードエートヴェーシュの法則ラムゼイ‐シールズの式エートヴェーシュの規則片山の式

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android