コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エートヴェーシュの式 Eötvös' equation

法則の辞典の解説

エートヴェーシュの式【Eötvös' equation】

液体の表面張力の温度依存性を与える式.問題とする物質の表面張力を σ,分子量を M,密度を ρ,臨界温度を Tc 絶対温度 T とすると

となる.ここで k は液体の種類によらない定数である.これを,エートヴェーシュの法則*ということもある.k (エートヴェーシュ‐ラムゼイ‐シールドの定数)の値は正常液体(非会合性)のものではほぼ2.1となるが,水やアルコールなどの異常液体ではこれより小さくなる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

エートヴェーシュの式の関連キーワードエートヴェーシュの法則ラムゼイ‐シールズの式エートヴェーシュの規則片山の式

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android