コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オイラー‐ポアンカレの式 Euler-Poincare's formula

法則の辞典の解説

オイラー‐ポアンカレの式【Euler-Poincare's formula】

一般の面が多角形によって分割されているとき,F を多角形の面の数,E を多角形の辺の数,V を頂点の数としたときに成立する次の式をいう.

FEV=χ

ここで χ は面の大局的な性質を表現する数で,球面なら2,平面なら1,トーラスならば0となる.

凸多面体は球と位相的に同形であるから,オイラーの多面体定理*と同じになる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

オイラー‐ポアンカレの式の関連キーワードオイラーの定理(セルパターン)オイラーの多面体定理オイラーの定理オイラーの公式オイラー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android