コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同形 どうけい isomorphism

翻訳|isomorphism

8件 の用語解説(同形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同形
どうけい
isomorphism

化学用語。異質同形,同像ともいう。異なる物質が同じ結晶構造をもつ場合をいう。狭義には互いに任意の割合に混合して固溶体をつくる結晶をいい,例として金と銀がある。化学組成が似ている化合物はよく似た結晶系の結晶となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

同形
どうけい

同形写像」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

どう‐けい【同形】

形が同じであること。同じ形。「―異種」
類似する化学組成をもつ物質が同じ結晶構造と結晶形を示すこと。方解石CaCO3菱苦土石MgCO3とが、方解石型の結晶構造をとり三方晶系を示すなど。類質同像

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

同形【どうけい】

類質同像とも。異なる物質であっても結晶形が等しい場合,これらを互いに同形であるという。たとえば岩塩型構造をとるNaCl,MgO,TiC,PbSの同形,セン亜鉛鉱型構造をとるZnS,GaAs,β-SiCなどの同形がその例である。
→関連項目混晶リョウ(菱)鉄鉱リョウ(菱)マンガン鉱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

同形

一種類または数種類の物質が類似した結晶構造を持つ性質で,一種類またはそれ以上の種類の結晶構造を作る元素(イオン,原子およびこれらの群)が他のものとの置換が可能な場合に起こる.isomorphousな系列は二種類またはそれ以上の端成分をもち,安定しているが化学組成および軸率や光学的性質などの物理的性質が異なっている.中間の組成のものは,置換の比率が増加するにしたがって,一方の端成分から他方の端成分に性質が徐々に変化する[Day : 1910].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

どうけい【同形 isomorph】

類質同像ともいう。化学組成は異にしても結晶構造がほとんど同じものをいう。ドイツのE.ミッチェルリヒが,成分は異なるが組成形式に類似性をもつ無機塩の結晶形の観察実験から確立した概念。その後,結晶構造の研究の進歩により結晶構造との関係にまで拡張され,結晶化学の基本法則の一つとなった。たとえば,塩化ナトリウム(食塩)型構造をとるNaCl,MgO,TiC,PbSなど,セン亜鉛鉱型構造をとるZnS,GaAs,β‐SiCなどの関係がその例で,無機化合物限らない

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

どうけい【同形】

同じかたち。 「 -の図形」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同形
どうけい
isomorphism

異質同形、異質同像、類質同形、同像などともいう。狭義には、広範囲な組成領域で同一の結晶構造型に属する結晶相互間の混晶(同形混晶)をつくりうるものどうしの結晶を同形という。ドイツのE・E・ミッチェルリヒが確立した概念である。たとえば金と銀、塩化カリウムと塩化ルビジウムなどの関係がそれにあたる。広義では、同じ結晶構造型に属するだけで同形というが、別にこれを同一構造形isotypyともいう。塩化ナトリウムと酸化マグネシウムとの関係がその例で、ともに塩化ナトリウム型の結晶構造をとるが、混晶はつくらない。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

同形の関連キーワード硝石累帯構造ルチル仮像類質同像化学組成分解熔融点ケルスートセン石(ケルスート閃石)透セン石(透閃石)ランセン石(藍閃石)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

同形の関連情報