オウギヒタキ(読み)おうぎひたき(英語表記)fantail

翻訳|fantail

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オウギヒタキ
おうぎひたき / 扇鶲
fantail

広義には鳥綱スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科オウギヒタキ属に含まれる鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この属Rhipiduraは約40種からなり、長めの尾をしばしば扇のように開く習性から、この名がある。全長12~20センチメートル。おもにインドシナ半島、フィリピン、スンダ列島、ボルネオ島、ニューギニア島、メラネシアに分布する。森林にすんで、空中で昆虫をとるヒタキ型の採食法をとるものが多い。あわせて地上でクモなどをとる種もあり、数種は草原や沼沢地にもすむ。種としてのオウギヒタキR. rufifronsは全長15センチメートル。額、腰、尾が美しい赤褐色。11月~2月にオーストラリアの北部と東部の湿性森林で繁殖し、夏は熱帯の島で過ごす。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android