オウギフトヤギ(英語表記)Euplexaura erecta

世界大百科事典 第2版「オウギフトヤギ」の解説

オウギフトヤギ【Euplexaura erecta】

花虫綱フトヤギ科の腔腸動物(刺胞動物)。相模湾以南に分布し,水深60~200mの海底に着生する。枝の太さは直径5mm内外で,太い枝からほぼ直角に分岐し,高さ25~30cmの扇形に広がった群体をつくる。共肉は淡赤紫色やサンゴ色で厚く,中にはたる状の骨片が散在している。ポリプは共肉の中に完全にひっこめることができる。中心にある骨軸は黒っぽくて固く,曲がりにくい。枝の上に二枚貝のウグイスガイが足糸で付着していることがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android