骨片(読み)こっぺん

精選版 日本国語大辞典「骨片」の解説

こっ‐ぺん【骨片】

〘名〙
のかけら。〔医語類聚(1872)〕
② 下等動物の体内にある微小な一種内骨格で、主成分は種類によって炭酸カルシウムまたは硅質である。また形は針状棒状、星状など様々であり、分類上の標徴となる。海綿動物ナマコ類、花虫類などにみられる。針骨。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の骨片の言及

【骨格】より

… 海綿動物はわずかな数種を除いてはみな骨格をもっている。骨格は種類によって違うが,多くの場合には骨片spicule(針骨)という炭酸カルシウムまたはケイ素化合物からなる多数の小体であるが,またある種類では角質様の繊維が構成する不規則な立体的網目細工(これが普通に市販されている海綿である)をなす。 腔腸動物のうちではサンゴの類だけが骨格を有し,しかもそれは風変わりな骨格である。…

※「骨片」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android