コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オオジカ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオジカ
おおじか / 大鹿

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科のうち、ワピチやヘラジカのような大形のシカをさしていう。ヘラジカはシカ類のなかで最大のもので体重800キログラムを超え、ワピチも300キログラムに達するものがある。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オオジカの関連キーワードグランド・ティートン国立公園グランドティートン国立公園シベリア・中央アジア神話アイル・ロイヤル国立公園イエローストーン国立公園アイルロイヤル国立公園パディエランタ国立公園ウィンドケーブ国立公園オリンピック国立公園グレーシア国立公園ウスチベラヤ遺跡エベンキ(民族)アビスコ国立公園トリポリエ文化アサバスカンロッキー山脈フィンランドスホクラントユカギールルーマニア

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android