しか(読み)シカ

デジタル大辞泉の解説

しか[助動]

[助動]《過去の助動詞「き」の已然形》⇒[助動]

しか[係助・終助]

[係助]名詞、名詞的な語、動詞の連体形、形容詞・形容動詞の連用形、一部の助詞・助動詞などに付く。打消しの語を伴って、特定の事柄以外のものを全く否定する意を表す。「この道を行くしかない」→きりだけ
[補説]近世以降用いられ、限定の助詞に付けて「きりしか」「だけしか」「ほかしか」「よりしか」の形で、「しか」を強めていう場合もある。
[終助]自己の願望を表す。…たいものだ。→てしがにしが
「まそ鏡見―と思ふ妹(いも)も逢はぬかも玉の緒の絶えたる恋の繁きこのころ」〈・二三六六〉
[補説]過去の助動詞「き」の已然形からとか、あるいは連体形「し」に終助詞「か」が付いてできたものとかいわれる。上代では「か」は清音であったが、後世「しが」になった。「しか」だけで用いられることはまれで、多くは「てしか」「にしか」の形で用いられた。

し‐か[連語]

[連語]《副助詞「し」+係助詞「か」》「いつ」「たれ」「なに」などの疑問語に付いて、疑問の意味をさらに強める意を表す。
「玉くしげいつ―明けむ布勢(ふせ)の海の浦を行きつつ玉も拾(ひり)はむ」〈・四〇三八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しか

( 助動 )
〔過去回想の助動詞「き」の已然形〕

しか

( 係助 )
体言またはそれに準ずるもの、動詞の連体形、形容詞・形容動詞の連用形、格助詞などに付き、下に常に打ち消しの語を伴って用いる。特定の事柄・条件だけを取りあげて、それ以外のものをすべて否定する意を表す。また、「だけしか」の形で一層強い限定の意を表す。 「その事を知っているのは彼-いない」 「正解者はたった一人だけ-おりませんでした」 〔くだけた言い方では「っきゃ」となることがある。「ぼくがやるっきゃないだろう」〕

しか

( 終助 )
〔上代では「しか」であったが、のち「しが」ともいわれるようになった〕
自己の動作に関して望み願う気持ちを表す。「てしか」「にしか」の形で用いられることが多い。…したい。…したいものだ。 「まそ鏡見-と思ふ妹いもも逢はぬかも/万葉集 2366」 「おもふどち春の山辺に打ちむれてそこともいはぬたびねして-/古今 春下」 「伊勢の海に遊ぶあまともなりに-浪かき分けてみるめ潜かずかむ/後撰 恋五」 〔語源については、過去の助動詞「き」の已然形「しか」からの転、過去の助動詞「き」の連体形「し」に係助詞「か」の付いたものなどの説がある〕

しか

( 連語 )
〔副助詞「し」に係助詞「か」が付いたもの〕
「いつしか」「なにしか」の形で用いられることが多い。 「いつ-と霞みわたれる梢どもの、心もとなき中にも/源氏 末摘花」 「あづまぢのさやのなか山なかなかになに-人を思ひそめけむ/古今 恋二」 〔下にさらに助詞「も」が付いても用いられる。現代語では副詞「いつしか」の中に残存している〕 → いつしかなにしか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しかの関連情報