オオマメジカ(読み)おおまめじか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オオマメジカ
おおまめじか / 大豆鹿
large mouse deer
[学]Tragulus napu

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目マメジカ科の動物。ミャンマー(ビルマ)南部、タイ、インドシナ、スマトラ島、ボルネオ島、マレー半島などに分布する。頭胴長50~60センチメートル、体重4~6キログラム。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオオマメジカの言及

【マメジカ(豆鹿)】より

…体背面は赤褐色ないし灰褐色で,体側はやや淡く,白色の斑紋はないが,頭頂部から背に黒毛が生える。このほかオオマメジカT.napu(英名larger chevrotain)があるが,分布,体色など前種とよく似ている。大型で,飼育下で14年生存した記録がある。…

※「オオマメジカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android