コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オゴデイ・ハン国 オゴデイ・ハンこくOgödei Khanate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オゴデイ・ハン国
オゴデイ・ハンこく
Ogödei Khanate

13世紀の中央アジアに存在したモンゴル人の国家。チンギス・ハン (在位 1206~27) はその生前第3子オゴデイ分地として,中国の新疆ウイグル自治区の北西隅を流れてカザフスタンの東端のアラコリ湖に注ぐエメル川の流域一帯を与えた。オゴデイ (在位 1229~41) ,その子グユク (貴由) の治世 (46~48) のあと,帝位がオゴデイ家からトルイ家のモンケ (蒙哥) の治世 (51~59) に移ると,オゴデイ家の諸王は分地を没収された。オゴデイの孫の一人ハイドゥ (海都) は,1260~64年の内戦でアリク・ブガ (阿里不哥) に加担し,アリク・ブガがフビライに投降したのちは,ハイドゥはチャガタイ・ハン国から領土を切取ってオゴデイ・ハン国を再建し,30年以上も元朝を脅かしたが,1301年に死んだ。その跡を継いだチャバル (察八児) は,04年チャガタイ・ハンのドゥワとともに元朝と和した。しかしまもなくドゥワと不和になり,06年チャバルはドゥワに敗れてオゴデイ・ハン国は滅びた。チャバルは 09年元朝に投降した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

オゴデイ・ハン国の関連キーワードチャバル(察八児)ナイマン(乃蛮)部ハイドゥ(海都)モンゴル帝国治世

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android