オスカル タバレス(英語表記)Óscar Tabárez

現代外国人名録2016「オスカル タバレス」の解説

オスカル タバレス
Óscar Tabárez

職業・肩書
サッカー指導者 サッカー・ウルグアイ代表監督

国籍
ウルグアイ

生年月日
1947年3月3日

出生地
モンテビデオ

本名
Tabárez,Óscar Washington

経歴
アルゼンチンのスド・アメリカ、スポルティーボ、イタリアーノなどでプレーした後、指導者の道へ進む。1980〜83年アルゼンチンのベジャ・ビスタ、’84年ダヌビオ、’85〜86年モンテビデオ・ワンダラーズで監督としてキャリアアップを図り、’87年名門ペニャロ監督となり、同年コパ・リベルタドーレスを制した。この実績により’88年母国ウルグアイの代表監督に就任、’90年のW杯イタリア大会でベスト16入りを果たす。同年退任後は’96年イタリアのACミランやアルゼンチンのボカ・ジュニアーズなど名門クラブを指揮。2006年再びウルグアイ代表監督となり、2010年W杯南アフリカ大会でベスト4に導く。2011年コパ・アメリカ(南米選手権)優勝。2014年W杯ブラジル大会は決勝リーグ1回戦でコロンビアに敗れた。愛称は“マエストロ(巨匠)”。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

最新 世界スポーツ人名事典「オスカル タバレス」の解説

オスカル タバレス
Óscar Tabárez
サッカー

サッカー・ウルグアイ代表監督
生年月日:1947年3月3日
国籍:ウルグアイ
出生地:モンテビデオ
別名等:本名=Óscar Washington Tabárez
経歴:アルゼンチンのスド・アメリカ、スポルティーボ、イタリアーノなどでプレーした後、指導者の道へ進む。1980〜83年アルゼンチンのベジャ・ビスタ、’84年ダヌビオ、’85〜86年モンテビデオ・ワンダラーズで監督としてキャリアアップを図り、’87年名門ペニャロ監督となり、同年コパ・リベルタドーレスを制した。この実績により’88年母国ウルグアイの代表監督に就任、’90年のW杯イタリア大会でベスト16入りを果たす。同年退任後は’96年イタリアのACミランやアルゼンチンのボカ・ジュニアーズなど名門クラブを指揮。2006年再びウルグアイ代表監督となり、2010年W杯南アフリカ大会でベスト4に導く。2011年コパ・アメリカ(南米選手権)優勝。愛称は“マエストロ(巨匠)”。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android