コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オスマーナーバード Osmānābād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オスマーナーバード
Osmānābād

インド西部,マハーラーシュトラ州南部の都市。オスマーナーバード県の行政庁所在地。ショラプル北方約 56km,バラガート山脈の支脈中,標高 655mに位置。古来ヒンドゥー教のヤーダバ王国の地であったが,14世紀に滅ぼされ,独立前までハイデラバード王国ニザームの領土であった。コムギ,雑穀,綿花,ナンキンマメなどの集散地で,綿工業があるが,商業は鉄道の通っているラツール (北東約 60km) のほうが盛ん。郊外に5~6世紀に造られたジャイナ教,ヒンドゥー教ビシュヌ派の洞窟寺院がある。人口6万 7980 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android