オゾン層の破壊と皮膚がん(読み)おぞんそうのはかいとひふがん

家庭医学館の解説

おぞんそうのはかいとひふがん【オゾン層の破壊と皮膚がん】

 大気中に放出されたフロン類はオゾン層に到達すると、これを破壊します。オゾン層は日光中の紫外線を吸収し、紫外線が地表に到達するのを防いでいますから、オゾン層が破壊されると強い紫外線が地上にふりそそぎ、そのために皮膚がんの発生が急増するのではないかと恐れられています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android