コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚がん ひふがん

1件 の用語解説(皮膚がんの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ひふがん【皮膚がん】

《どんな病気か?》
 ほかの部位に発生するがんにくらべ、皮膚(ひふ)がんは比較的罹患率(りかんりつ)が低いがんです。しかし、近年、増加の傾向もみられます。とくに高齢者に増加していますが、これは皮膚表面が外界からの刺激を長年受け続け、がんになりうる素地ができているからです。
 最大の原因は紫外線です。皮膚では、メラニン色素が紫外線を遮断し、皮膚細胞の障害を防止する働きをします。しかし、メラニン色素の働きを上回る大量の紫外線を浴びると、皮膚細胞は障害を受け、細胞ががん化することになるのです。
 皮膚がんには、メラノーマ悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ))、基底細胞(きていさいぼう)がん、有棘細胞(ゆうきょくさいぼう)がんなどの種類があり、それぞれ転移の確率や治療方法などが異なります。
■メラノーマ
・足の裏のウオノメやタコの色が黒くなってきた。
ほくろの周辺に黒いぼつぼつができてきた。
・爪の中に黒い斑点ができた。
手の甲に黒い斑点ができ、しだいに大きくなっていく。
基底細胞がん
・通常とは異なる黒いほくろができ、しだいに大きくなっていく。
有棘細胞がん
・色の変化はないが、皮膚表面にしこりや潰瘍(かいよう)ができ、しだいに大きくなっていく。
《関連する食品》
〈色素の沈着を防ぐビタミンCをたっぷりとる〉
○栄養成分としての働きから
 色素の沈着を防ぎ、皮膚の新陳代謝(しんちんたいしゃ)を活発にするビタミンCをたっぷりと摂取しましょう。レモンなどの柑橘類(かんきつるい)イチゴパパイアなどのくだものだけでなく、ミツバやノリなども積極的に食べましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

皮膚がんの関連キーワード活性中心何心地不死身プリマドンナ病は気から部位特異的組換えドブレ現象定部位不担保うどんこ病(ライグラス)フィレ・ミニョン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

皮膚がんの関連情報