コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッペナウエル酸化 オッペナウエルさんかOppenauer oxidation

1件 の用語解説(オッペナウエル酸化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オッペナウエル酸化
オッペナウエルさんか
Oppenauer oxidation

第二アルコールを穏やかな条件下でケトンに酸化する方法。 R.V.オッペナウエルが考案した。たとえば,コレステロールのような第二アルコールアセトンアルミニウム tert-ブトキシドを加えて熱すると,第二アルコールは対応するケトンとの間で,アセトンはイソプロピルアルコールとの間で,次のような可逆平衡に達する。

RR'CHOH+(CH3)2CO⇔RR'CO+(CH3)2CHOH

このときアセトンを大量に使えば,この反応は右向きに進行し,目的のケトン RR'CO を得ることができる。アセトンの代りにシクロヘキサノンが用いられることがあり,アルミニウム tert-ブトキシドの代りにほかの金属アルコキシドを使うこともできる。この反応は副反応が少く,収量もよく,ステロイドなどの研究によく利用されてきた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone