オッペナウエル酸化(読み)オッペナウエルさんか(英語表記)Oppenauer oxidation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「オッペナウエル酸化」の解説

オッペナウエル酸化
オッペナウエルさんか
Oppenauer oxidation

第二アルコールを穏やかな条件下でケトンに酸化する方法。 R.V.オッペナウエルが考案した。たとえば,コレステロールのような第二アルコールにアセトンとアルミニウム tert-ブトキシドを加えて熱すると,第二アルコールは対応するケトンとの間で,アセトンはイソプロピルアルコールとの間で,次のような可逆平衡に達する。

RR'CHOH+(CH3)2CO⇔RR'CO+(CH3)2CHOH

このときアセトンを大量に使えば,この反応は右向きに進行し,目的のケトン RR'CO を得ることができる。アセトンの代りにシクロヘキサノンが用いられることがあり,アルミニウム tert-ブトキシドの代りにほかの金属アルコキシドを使うこともできる。この反応は副反応が少く,収量もよく,ステロイドなどの研究によく利用されてきた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android