コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オッペンハイム,M.F.von おっぺんはいむ

世界大百科事典内のオッペンハイム,M.F.vonの言及

【ハラフ文化】より

…シリアのトルコ国境近くのハーブール川沿いにあるテル・ハラフTel Halafで,ドイツのオッペンハイムM.F.von Oppenheimが1911‐13,29年に発掘した彩文土器を標式とする北部メソポタミアの先史時代文化。この土器は西アジア陶芸の白眉とされるすばらしいものである。…

※「オッペンハイム,M.F.von」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

オッペンハイム,M.F.vonの関連キーワード官房学派パトチュカ利益法学ヘルダー教会シュラーギントワイト兄弟ドクトル・マブゼSiemensシュレーゲルフンボルトモルトケ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android