コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オナガカンアオイ(尾長寒葵) オナガカンアオイAsarum minamitanianum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オナガカンアオイ(尾長寒葵)
オナガカンアオイ
Asarum minamitanianum

ウマノスズクサ科の常緑多年草。宮崎県日向市付近のごく限られた地域に産する。葉は長さ約 10cm,幅6~9cmほどの卵状三角形で,表面にしばしば雲紋状の斑をもつ。4~5月頃,落ち葉に埋るような根ぎわに花をつける。花弁は退化し,が扁球形の萼筒をつくり,先は3裂する。各裂片の先は長さ 10cmに達するほど細長く尾状になるので,この名がある。萼筒は紫褐色で,内壁には高く隆起した縦ひだがある。花柱は6本で中央に直立し,そのまわりに 12本のおしべをもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報