コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニイグチ(鬼猪口) オニイグチ Strobilomyces floccopus

2件 の用語解説(オニイグチ(鬼猪口)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニイグチ(鬼猪口)
オニイグチ
Strobilomyces floccopus

担子菌類マツタケ目オニイグチ科。夏秋の頃,林地の地上に生える。傘は3~12cm,初め半球形,のち平らなまんじゅう形になる。表面は紫褐色または黒色の鱗片におおわれ,下面は若いうちは白く,熟すると黒褐色になる膜におおわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オニイグチ【オニイグチ(鬼猪口) Strobilomyces floccopus (Fr.) Karst.】

担子菌類ハラタケ目オニイグチ科のキノコイラスト)。食用になる。北半球温帯に分布する。高さ10~15cm,かさは10cm内外でまんじゅう形,かさも茎も暗紫褐色~黒褐色の綿毛状の鱗片でおおわれる。かさの下側の管孔(くだあな)の面ははじめ薄い膜でつつまれるが,のちに膜は破れてかさのふちに破片を残し,肉は白いが空気にふれると赤から黒くかわる。管孔は初め白のち黒ずむ。胞子はほぼ球形,表面に網目状の突起をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オニイグチ(鬼猪口)の関連キーワードイグチ(猪口)カラカサタケ(唐傘茸)ヒトヨタケ(一夜茸)ベニタケ(紅茸)発光菌シメジナラタケハナイグチハラタケヤマイグチ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone