コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オニイグチ(鬼猪口)(読み)オニイグチ(英語表記)Strobilomyces floccopus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オニイグチ(鬼猪口)
オニイグチ
Strobilomyces floccopus

担子菌類マツタケ目オニイグチ科。夏秋の頃,林地の地上に生える。傘は3~12cm,初め半球形,のち平らなまんじゅう形になる。表面は紫褐色または黒色の鱗片におおわれ,下面は若いうちは白く,熟すると黒褐色になる膜におおわれている。肉は厚く白いが空気に触れると赤変し,のちに黒変する。ひだはなく,比較的大きく多角形の管孔がある。胞子紋は黒い。茎は高さ5~15cm,径5~15mm。黒褐色で繊維毛におおわれている。北海道,本州,九州に産し,北アメリカ,ヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オニイグチ【オニイグチ(鬼猪口) Strobilomyces floccopus (Fr.) Karst.】

担子菌類ハラタケ目オニイグチ科のキノコ(イラスト)。食用になる。北半球温帯に分布する。高さ10~15cm,かさは10cm内外でまんじゅう形,かさも茎も暗紫褐色~黒褐色の綿毛状の鱗片でおおわれる。かさの下側の管孔(くだあな)の面ははじめ薄い膜でつつまれるが,のちに膜は破れてかさのふちに破片を残し,肉は白いが空気にふれると赤から黒くかわる。管孔は初め白のち黒ずむ。胞子はほぼ球形,表面に網目状の突起をおびる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android