オブジェクトプログラム(英語表記)object program

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機械語で書かれたプログラムコンピュータの機能を利用する場合,比較的人間に理解しやすい記号や代数表現を用いたプログラム言語 (フォートランコボルなど) でまず利用目的を盛込んだプログラムを書く。これをソースプログラムというが,これをさらにプロセッサ (アセンブラ,コンパイラなど) を通じて機械語に変換し,そのままコンピュータがデータ処理できるようにする。この機械語の状態に変換されたプログラムまたは機械語で書かれたプログラムをオブジェクトプログラムという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android