オベアー(英語表記)Obeah; obi; obe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフリカ起源の妖術一種黒人奴隷によって西インド諸島,アメリカ南部にもたらされた。物神または呪物として血,オウムの嘴,ワニの,こわれた,墓土,ラム酒が用いられ,また土か粘土毛髪,ぼろ布,羽毛と混ぜて球状にしたものをで結び,場合によってはこれにガラス玉,ネコの頭蓋骨か爪,イヌやネコあるいは人間のをはめこんだものを用いる。ジャマイカでは 1760年に法律で禁止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android