コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呪物 じゅぶつ

3件 の用語解説(呪物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呪物
じゅぶつ

特別な霊力が宿ると信じられている物。それをもっていると災厄が近づかず,幸運がもたらされると信じられている。典型的なものは寺社の護符である。また旅に出るとき,神社の境内から持って行く砂や石,願掛けするときに奉納する刀剣,杓子,楊枝,絵馬,縁起物としてのくま手,招き猫など,その種類は豊富である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅぶつ【呪物】

呪力や霊験があるとされる物。庶物。諸物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の呪物の言及

【偶像崇拝】より

偶像は元来神像,仏像を含むが,偶像には軽蔑の意があるととられやすいために,この語の使用をさけて,〈神像崇拝〉というべきだとする学者もある。文化のきわめて未発達な狩猟採集経済の段階では感覚的事物を宗教対象とすることは少なく,文化がやや発達したところに呪物amulet(護符)や霊物fetishの崇拝が盛んになる。呪物とはその物自体に非人格的な超自然力(マナ)が宿ると考えられる物体をいい,霊物とは人格的な精霊が宿ると考えられる持運びのできる物体をいう。…

【呪術】より

…〈魔術〉は特に西欧における神秘思想の一領域を指すことが多い。
[呪術の要因]
 呪術を成り立たせているものは具体的には呪的行為と呪物(呪具)であり,そしてそれを観念的に支えているのは呪的信仰体系や呪的思考様式である。呪的行為には身体的動作だけでなく言葉による呪術,つまり呪文も含まれる。…

【フェティシズム】より

…通常は性器を除く部分)や,異性が身につけている物(靴,靴下,下着,ハンカチ,指輪など),あるいは異性の象徴となるもの(コイン,皮革,毛皮など)を性対象とする傾向をいう。この物体をフェティッシュfetish(物神,呪物)といい,フェティッシュの獲得,接触,所有によって,通常の性交以上の性的満足や興奮が達成される。日本語としては,節片淫乱症,物件恋愛,淫物症,呪物崇拝などと訳されたが,適切とはいえないので現在では原語のまま用いられている。…

【呪】より

…いずれにしろ,まじないは事物に神秘的な力が内在することを前提とした行為であるといえる。まじないはいわば目に見えない世界との交渉であるから,それを可視的なものに転換するために呪物がよく用いられる。民俗信仰においては,箕,ほうき,櫛,草履,臼,石,豆,米,針などの日常生活に深いかかわりをもつものが,その機能や形などの一部を抽象化して象徴的に利用されることが多い。…

※「呪物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呪物の関連情報