コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オムスク州 オムスクOmsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オムスク〔州〕
オムスク
Omsk

ロシア中部,西シベリア南部の州。州都オムスク。西シベリア低地南部,イルトゥイシ川中流域にある。全体に低平で,湿地帯や湖沼が広く分布し,南部には塩湖も多い。北部はタイガ,南部は森林ステップ地帯に入り,最南部にステップ地帯がみられる。大陸性気候で,平均気温は1月-20℃,7月 20℃。年降水量 300~400mm。森林ステップ,ステップ地帯は土壌が肥沃で,1950年代の処女地開拓政策などにより耕地化が進み,西シベリアの重要な農業地帯となっている。主要作物はコムギ,ライムギ,アマ,ヒマワリ,カラシナなどで,オムスク周辺では近郊農業が行われる。乳牛飼育も盛ん。工業部門ではオムスクを中心に,石油精製,石油化学,機械,繊維,皮革・製靴,食品などの工業が発達。州内交通は州南部を横切るシベリア横断鉄道と,イルトゥイシ川の水運が中心である。面積 13万 9700km2。人口 216万 3100 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

オムスク州の関連キーワードアレクセイ ティシュチェンコバラビンスク・ステップロシア連邦イシリクリオミ川

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android