オメガ計画(読み)オメガけいかく(英語表記)Options for Making Extras Gain of Actinides and Fission Products

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本の原子力委員会放射性廃棄物対策専門部会が 1988年 10月にとりまとめた「群分離・消滅処理技術研究開発長期計画」の通称。再処理から発生する高レベル放射性廃棄物中の長寿命核分裂生成物を核反応で消滅させて処分を効率化し,さらにそこに含まれる白金族などの有用元素の資源化などを目指す。日本の提案に基づき,経済協力開発機構原子力機関 OECD/NEAにおいてもこの分野における情報交換の国際協力が行なわれ,これもオメガ計画と呼ばれることがある。国際協力には,日本のほかに,ベルギー,カナダ,フランス,ドイツ,イタリア,オランダ,スペイン,スウェーデンスイス,イギリス,アメリカが参加している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android