群分離(読み)ぐんぶんり(英語表記)partitioning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群分離
ぐんぶんり
partitioning

使用済み核燃料の再処理によって発生する,高レベル放射性廃液中の元素や放射性核種を,元素の半減期,利用目的などに応じて分離・回収すること。これにより処理の負担軽減,資源の有効利用が可能になる。高レベル放射性廃液中には,白金族などの有用元素も含まれており,資源回収の観点から群分離を推進する考え方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android