コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群分離 ぐんぶんりpartitioning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群分離
ぐんぶんり
partitioning

使用済み核燃料の再処理によって発生する,高レベル放射性廃液中の元素や放射性核種を,元素の半減期,利用目的などに応じて分離・回収すること。これにより処理の負担軽減,資源の有効利用が可能になる。高レベル放射性廃液中には,白金族などの有用元素も含まれており,資源回収の観点から群分離を推進する考え方もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

群分離の関連キーワード放射性廃棄物処分原子力研究所オメガ計画

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android