コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群分離 ぐんぶんりpartitioning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

群分離
ぐんぶんり
partitioning

使用済み核燃料の再処理によって発生する,高レベル放射性廃液中の元素や放射性核種を,元素の半減期,利用目的などに応じて分離・回収すること。これにより処理の負担軽減,資源の有効利用が可能になる。高レベル放射性廃液中には,白金族などの有用元素も含まれており,資源回収の観点から群分離を推進する考え方もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

群分離の関連キーワード放射性廃棄物処分原子力研究所オメガ計画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android