オラドゥール・シュル・グラヌ(英語表記)Oradour‐sur‐Glane

世界大百科事典 第2版の解説

オラドゥール・シュル・グラヌ【Oradour‐sur‐Glane】

フランス中部,オート・ビエンヌ県の町。人口1670(1975)。リモージュの北西約20kmにあり,1944年6月10日,撤退中のナチス・ドイツ親衛隊により,住民の大虐殺が行われたことで知られる。犠牲者は,教会に閉じ込められて焼殺された500人の婦女子を含め650人にのぼり,生存者はわずか数人にすぎなかった。当時の町はこの悲劇を記念して保存され,かたわらに,新しい町が建設されている。【井上 尭裕】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android