コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犠牲者 ギセイシャ

3件 の用語解説(犠牲者の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぎせい‐しゃ【犠牲者】

事件や事故により、生命を失うなどの重大な損害を受けた人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぎせいしゃ【犠牲者】

戦争や災害などで死んだり、大きな被害を受けたりした人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犠牲者
ぎせいしゃ
The Victim

アメリカの作家S・ベロー長編小説。1947年刊。大不況のさなか、かろうじて業界新聞編集の仕事にありついていた、小心なユダヤ人レバンサルに二つの事件がもちあがる。一つは甥(おい)の死で、弟(甥の父)の留守中相談にのったことから、自分が責任を問われているように感じる。もう一つは、就職運動中に面接した経営者のおうへいな態度から喧嘩(けんか)になったことがあるが、そんな彼を紹介したため失職したと称する男オールビーが出現し、「責任」をとれと付きまとい始めたことである。ユダヤ人として、また一人の人間として、自らを犠牲者、被害者と考えていた男が、突然加害者としての自覚を強いられる過程を描いた小説で、初期ベローの悲劇的人生観が濃密に出ている。[渋谷雄三郎]
『太田稔訳『犠牲者』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犠牲者の関連キーワード地検特捜部気を失う件数際会重大視遭難続発度を失う重大製品事故台座後光を仕舞う

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犠牲者の関連情報