コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犠牲者 ギセイシャ

デジタル大辞泉の解説

ぎせい‐しゃ【犠牲者】

事件や事故により、生命を失うなどの重大な損害を受けた人。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎせいしゃ【犠牲者】

戦争や災害などで死んだり、大きな被害を受けたりした人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犠牲者
ぎせいしゃ
The Victim

アメリカの作家S・ベローの長編小説。1947年刊。大不況のさなか、かろうじて業界新聞編集の仕事にありついていた、小心なユダヤ人レバンサルに二つの事件がもちあがる。一つは甥(おい)の死で、弟(甥の父)の留守中相談にのったことから、自分が責任を問われているように感じる。もう一つは、就職運動中に面接した経営者のおうへいな態度から喧嘩(けんか)になったことがあるが、そんな彼を紹介したため失職したと称する男オールビーが出現し、「責任」をとれと付きまとい始めたことである。ユダヤ人として、また一人の人間として、自らを犠牲者、被害者と考えていた男が、突然加害者としての自覚を強いられる過程を描いた小説で、初期ベローの悲劇的人生観が濃密に出ている。[渋谷雄三郎]
『太田稔訳『犠牲者』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

犠牲者の関連キーワード1994年のルワンダにおけるジェノサイドを考える国際デー交通事故による犠牲者を追悼する世界デーハリケーン「カトリーナ」(2005年)国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館ジュネーブ条約の追加議定書阪神大震災の犠牲者と外国人慰霊と復興のモニュメント自動車損害賠償責任保険人権の日〈南アフリカ〉硫黄島いまだ玉砕せず北海道歌志内市本町千葉県八千代市高津ナンガパルバット山バスク祖国と自由明治三陸地震津波神戸ルミナリエタイタニック号第5北川丸事故祖国復帰運動ニミッツヒル

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犠牲者の関連情報