オリンピック特別強化指定選手制度(読み)オリンピックとくべつきょうかしていせんしゅせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オリンピック特別強化指定選手制度
オリンピックとくべつきょうかしていせんしゅせいど

オリンピック競技大会でメダル獲得の可能性がある有力選手を世界選手権などの実績に基づいて指定し,強化練習のための経済的援助をする制度のこと。日本体育協会がスポーツ先進国の例を参考にして 1987年から実施,その後日本オリンピック委員会 JOCの所管事項となった。財源には各種助成金のほか,選手の肖像権を活用したマーケティング事業による JOC自己調達金があてられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android