コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肖像権 しょうぞうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肖像権
しょうぞうけん

自己の容貌姿態をみだりに写真,絵画,彫刻などにされたり,利用されたりすることのない権利人格権ないしプライバシーの権利の一種とされる。判例は,個人の尊厳および幸福追求権について定める日本国憲法13条を引証しつつ,国民の「私生活上の自由」が公権力の行使に対しても保護されるとし,かかる「私生活上の自由」の一つとして,なんぴとも承諾なしにみだりに容貌,姿態を撮影されない自由──それを肖像権と称するかどうかは別として──を有するとした(最高裁判所大法廷判決 1969.12.24. 最高裁判所刑事判例集 23巻12号1625)。公権力との関係では,とりわけ捜査上の必要といかに調節するかの課題があり,また私人による侵害に対し妨害排除や損害賠償が問題となる場合には,しばしば表現の自由との関連での問題が生じる。一方,著名人や有名人はその氏名・肖像において,商品の販売などを促進する顧客吸引力を有する場合があり,そこから生じる経済的な利益・価値を独占的に利用する権利をパブリシティ権という(→財産権)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうぞう‐けん〔セウザウ‐〕【肖像権】

自分の顔や姿をみだりに他人に撮影・描写公表などされない権利。人格権の一つとして認められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

肖像権【しょうぞうけん】

人が自己の肖像(写真,絵画など)をみだりに他人にとられたり使用されたりしない権利。人格権の一種。肖像権を違法に侵害されたときは,妨害排除または損害賠償を求めることができるとされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

肖像権

日本コンピューター株式会社が提供するスマートホン向けの写真編集用アプリケーション。画像のタッチした範囲にモザイクや黒塗りの加工ができる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぞうけん【肖像権】

人の肖像は,その人と密接に結びついていて,その人の人格価値そのものであるから,人の肖像を正当な理由や権限なくみだりに他人が写真,絵画,彫刻その他の手段で作成(複製)すること,これを公表することについては,肖像本人に,作成についての拒絶権,公表についての拒絶権があると考えられ,これが肖像権である。 肖像権については,日本の法律には規定がないが,デモ行進中の者を警察官が写真撮影し,これに抗議した参加者が警官を竿で傷つけた刑事事件で,最高裁1969年12月24日判決が憲法13条を根拠に〈何人も,その承諾なしに,みだりにその容貌・姿態(〈容貌等〉という)を撮影されない自由を有するものというべきである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうぞうけん【肖像権】

自分の顔や姿を無断で写真・絵画などに写しとられたり、それを展示されたりすることを拒否する権利。人格権の一部とみなされる。 → 人格権

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肖像権
しょうぞうけん

承諾なしに、また正当な理由なく、自分の肖像(顔、姿)を写真や絵画、彫刻などに写しとられたり、公表あるいは使用されたりしない権利。法律による明文の保護規定はないが、プライバシーの権利の一部として理解され、民法上は、人格に固有の非財産的利益である人格権の一つとして認められている。この権利を違法に侵害した場合には、不法行為(民法710条)として損害賠償の責任が生じ、あるいは公表や使用の差止めがなされることもある。たとえば、顔写真が無断でマスコミの報道に利用されたり、商品広告に使われたりした場合に、この権利の侵害が問題となる。例外として、報道写真のように公共目的の場合、あるいは政治家や芸能人のような著名人に関する場合は、一般に違法性がないものと考えられる。肖像権は、国家権力との関係では、とくに刑事事件の捜査に際して問題となる。デモ行進参加者に対する警察官による写真撮影の適法性が争われた「京都大学管理法反対デモ事件」における最高裁判決(1969年12月24日)は、憲法第13条で保障された幸福追求権の趣旨から、「個人の私生活上の自由の一つとして、何人も、その承諾なしに、みだりにその容貌(ようぼう)・姿態を撮影されない自由を有する」とした。ただし、現行犯の場合で証拠保全の必要性、緊急性があり、相当な方法による撮影であるときは適法であるとしている。また、身体の拘束を受けている被疑者の写真撮影は、刑事訴訟法第218条2項で認められている。[浜田純一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肖像権の関連キーワードオリンピック特別強化指定選手制度パブリシティー権と肖像権肖像権(スポーツ選手の)富山県立近代美術館問題日本プロ野球選手会オーファンワークスマイク・バイソンネットリテラシーエンドースメントライセンシングパブリシティースナップ写真一般的人格権夏目漱石財団差止請求権統一契約書北島康介アイコラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肖像権の関連情報