コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリーベクローナ Karl Olivecrona

1件 の用語解説(オリーベクローナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

オリーベクローナ【Karl Olivecrona】

1897‐1980
スウェーデンの法哲学者,訴訟法学者,ルンド大学教授。ヘーガーシュトレームによってその基礎が置かれた北欧リアリズム法学オリーベクローナによって正統的・体系的展開が行われた。彼は師ヘーガーシュトレーム法実証主義批判を受け入れ,師が断片的にのみ示した権利概念分析を完成した。権利はそもそも意味上の指示物semantic referenceをもたない言葉であるから法実証主義やアメリカ・リアリズム法学のようにそれを社会的事実に還元できず,権利の学はその機能を問うことであるとして,それの立法技術機能,行為指示機能,情報伝達機能を明示した後,確認判決は権利の存否の確定ではなく行為指令であり,J.L.オースティンのいう〈行為遂行的performative〉であるとして,実体法と手続法の理論の統一を提示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オリーベクローナの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーディッシュ・ラップフントスウェーデンハウススウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone