コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリーベクローナ Karl Olivecrona

世界大百科事典 第2版の解説

オリーベクローナ【Karl Olivecrona】

1897‐1980
スウェーデンの法哲学者,訴訟法学者,ルンド大学教授。ヘーガーシュトレームによってその基礎が置かれた北欧リアリズム法学はオリーベクローナによって正統的・体系的展開が行われた。彼は師ヘーガーシュトレームの法実証主義批判を受け入れ,師が断片的にのみ示した権利概念分析を完成した。権利はそもそも意味上の指示物semantic referenceをもたない言葉であるから法実証主義やアメリカ・リアリズム法学のようにそれを社会的事実に還元できず,権利の学はその機能を問うことであるとして,それの立法技術機能,行為指示機能,情報伝達機能を明示した後,確認判決は権利の存否の確定ではなく行為指令であり,J.L.オースティンのいう〈行為遂行的performative〉であるとして,実体法と手続法の理論の統一を提示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

オリーベクローナ

生年月日:1897年10月25日
スウェーデンの法哲学者,民事法学者
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

オリーベクローナの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android