コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オリーベクローナ Karl Olivecrona

世界大百科事典 第2版の解説

オリーベクローナ【Karl Olivecrona】

1897‐1980
スウェーデンの法哲学者,訴訟法学者,ルンド大学教授。ヘーガーシュトレームによってその基礎が置かれた北欧リアリズム法学オリーベクローナによって正統的・体系的展開が行われた。彼は師ヘーガーシュトレーム法実証主義批判を受け入れ,師が断片的にのみ示した権利概念分析を完成した。権利はそもそも意味上の指示物semantic referenceをもたない言葉であるから法実証主義やアメリカ・リアリズム法学のようにそれを社会的事実に還元できず,権利の学はその機能を問うことであるとして,それの立法技術機能,行為指示機能,情報伝達機能を明示した後,確認判決は権利の存否の確定ではなく行為指令であり,J.L.オースティンのいう〈行為遂行的performative〉であるとして,実体法と手続法の理論の統一を提示した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オリーベクローナの関連キーワード黒人問題印僑醸造業RCA自動車工業国木田独歩フィリピン革命ウォン恐怖映画朝鮮映画

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone