コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実体法 じったいほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実体法
じったいほう

法律関係の内容を定める法。その内容の実現についての手続を定める手続法に対する。民法,商法,刑法などが実体法に属する。実体法と手続法が完全な形で分離されたのは,近代市民社会成立後である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じったい‐ほう〔‐ハフ〕【実体法】

権利・義務の発生・変更・消滅の要件などについて規定する法。民法商法刑法など。→手続法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

実体法【じったいほう】

法的関係の内容自体について定めた法。権利・義務の発生・変更・消滅などの要件について定めた法で,民法・商法・刑法などがこれに属する。手続法に対応する。
→関連項目抗弁占有訴権

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じったいほう【実体法】

権利義務の発生・変更・消滅の要件等、法律関係そのものについて規定する法。民法・商法・刑法など。 → 手続法

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実体法
じったいほう

権利・義務などの法律関係の内容を定める法。法律関係の成立、認定などの手続を定める手続法と対比される。民事の実体法としては民法、商法などが、刑事の実体法としては刑法などがある。憲法は、立法についての実体法(たとえば基本的人権の規定)と手続法(国会の構成や議事手続の規定など)の両者を含んでおり、行政法上の諸法典なども実体法と手続法の両方を含んでいる場合が多い。[長尾龍一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の実体法の言及

【訴訟法】より

…訴訟の手続の進め方や,判決や上訴のやり方を定める法規をいう。手続法ともいわれ,実体法に対する。訴訟法も実体法もともに訴訟を規律する法であるが,後者が判決の内容の基準,いわば裁判の実体に関する基準を定めているのに対し,訴訟法は,訴訟のやり方,いわば訴訟の形式を定めるものであるところから,形式法ともいわれる。…

※「実体法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

実体法の関連キーワード自動車及び建設機械に対する強制執行書面真否確認の訴えオリーベクローナ請求異議の訴え公事方御定書アクティオー戸籍筆頭者形成の訴えおとり捜査当事者能力登記請求権強制執行公訴時効刑事責任国際私法兼子 一形成判決長尾龍一奥田昌道中村宗雄

実体法の関連情報