オルミエ(英語表記)Orūmīyeh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルミエ
Orūmīyeh

別称ウルーミエ Urūmiyeh。旧称リザーイエ (1979まで) 。イラン北西端,西アゼルバイジャン州の州都。オルミエ湖西岸に近く,果物,タバコなどを産する肥沃な広い平野に位置する。住民の多くはトルコ人で,ほかに少数民族としてクルド人,ネストリウス派信者のアッシリア人,アルメニア人が住む。かつては長い時代にわたってオスマン帝国に属していた。 19世紀にはキリスト教布教活動の中心地となり,1900年には人口の半数はキリスト教徒であったが,18年には大部分が去り,残留者のほとんどが虐殺され,約 600人はタブリーズへ移された。その後,残留者の一部はイラン政府の手で送り返され,以後農業生産が回復した。タブリーズ,バーフタラーンとは幹線道路で結ばれ,近くに飛行場がある。人口 30万 746 (1986) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android